車庫証明,名義変更,補助金

仕事を受注するにはどうしたらよいでしょうか。

 

私は営業は全く苦手です。もう、全く苦手です。

 

売り込めません。 

 

他社と似たような料金、サービスなのに、自社のほうが有利であると喧伝し、自らに引き寄せる力はありません。

 

そういう私ですが、行政書士に本腰を入れて2年弱、営業をあまりかけずとも、

 

ようやく毎月仕事が入るようになりました。。。。

 

不思議なものです。

 

今日は、この怪現象について、雑感を述べてみようと思います。

 

なぜ、毎月受注できるようになったか?

 

2年前、コロナで仕事をいきなりすべて失いました。

 

年収300万円⇒0円、大学の非常勤講師が、コロナ禍で突然終了しました。

 

その後、生きて、食うために自動車関連業務(車庫証明、名義変更などですね)の営業回りをしました。

 

営業回りは、飛び込み営業してみました。30〜40件飛び込んでみたら、3〜5件程度、仕事を発注してくれました。

 

営業の時に重要視したことは以下のとおりです
■相手にとって何の需要があるか?
■相手の需要を満たすサービスを構成して、提供可能か?
■相手が代金を支払ってもよい代金水準か?

 

以上のとおり、相手がどういう気持ちか?をほとんど一番最初に据えました。

 

もちろん、私も仕事をする以上はお金を稼ぎたいし、赤字になる料金では続けられないのですが、それは
2の次、3の次に置きました。
(とはいえ、安値戦略は取りませんでした、適当な水準で維持しています)

 

転換期

 

このようにして、月に数件、数万円程度の仕事の需要から始まりました。

 

営業が苦手な私は全く仕事を要求しなかったため、すこ〜しずつ、すこ〜しずつ仕事の依頼が増えました。

 

具体的には、まず取引を開始してくださった事業者様からの件数が増えてゆく。

 

ある程度増えたら、別業務の仕事の依頼の引き合いがあります。

 

例えば、自動車販売店様から、レンタカー事業の登録をしてほしいとか、設備投資の補助金の話などが加わります。

 

そして、引き合いのあった仕事は適当な水準(つまり、インターネットで広告を出している業者より2割引き程度)で値付けして受注していきます。

 

そうして実績を作ると、依頼者のお付き合いのある人の紹介が始まりました。

 

そして、そのお付き合いのある人がまた新たに、自動車登録や車庫証明などを依頼してくれるといった感じです。

 

ねばりづよく 続けてみよう

 

仕事がなくて、明日のご飯が食べられなくなる水準だと、とてもつらいですね。

 

でも、生活が維持できるならば、その仕事を粘り強く続けてみるべきです。

 

・屋根のある暮らし
・雨露をしのげる屋根があること
・パンやコメを一応食べられること、場合によっては炊き出しでの援助を受けられることも含まれます。
・着る服が2着(1着はきて、もう一着は予備です)

 

これらが満たされるなら、続けられます。

 

場合によっては、早朝や、深夜にアルバイトをしてもよいかもしれません。

 

私の場合は、田舎の古民家を買い取って移住しました。

 

そうすることで、年間に固定資産税1万9千円、つまり、月の家賃に換算すると1500円で暮らせるように、工夫しました。

 

いまとなっては、これらの創意工夫と忍耐が、私の心を変えて、受注できる人になってきた要因なのかもしれません。

 

まとめ

 

貴方が儲けたい、飯を食べたい、稼ぎたいなら、

 

相手が得する、不快を和らげる、快をもたらすサービスは何かを考えて提供する良いですよ。

 

利用されることもありますが、だいたい20%程度です。いい人のほうが多いので、

 

利用されることは世の中の前提として、めげずにお客様目線で仕事に向き合いましょう(お互いに)

 

では。

page top